コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種蔵(たねくら)紅かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

種蔵(たねくら)紅かぶ

岐阜県飛騨市で生産されるカブ。根部は円錐形で色は鮮やかな紅色。葉柄も赤みを帯びる。葉もあわせて塩漬けにする。1930年代から栽培されている。名称は産地の旧地名(宮川村種蔵地区)に由来。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

種蔵紅かぶ[根菜・土物類]
たねくらべにかぶ

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に飛騨市種蔵地区で製作されている。80年ほど前から栽培が始まった。毎年、自家採種されるなかで選抜が繰り返されて、現在の紅かぶとなった。色鮮やかな赤紫色。円錐形で、葉軸は赤くなる。芯まで紅色となるのが特徴。11月中旬に収穫。葉付きのままで漬け込み長漬けとして利用される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

種蔵(たねくら)紅かぶの関連キーワード岐阜県飛騨市東海地方

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android