種蔵紅かぶ(読み)たねくらべにかぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品「種蔵紅かぶ」の解説

種蔵紅かぶ[根菜・土物類]
たねくらべにかぶ

東海地方岐阜県地域ブランド
主に飛騨市種蔵地区で製作されている。80年ほど前から栽培が始まった。毎年、自家採種されるなかで選抜が繰り返されて、現在の紅かぶとなった。色鮮やかな赤紫色。円錐形で、葉軸は赤くなる。まで紅色となるのが特徴。11月中旬に収穫。葉付きのままで漬け込み長漬けとして利用される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android