稲垣示(読み)いながき しめす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣示 いながき-しめす

1849-1902 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)2年8月20日生まれ。富山県自由民権運動の中心人物として,明治13年4000人余を代表し政府に国会開設を請願する。15年高岡で北立自由党を結成。18年の大阪事件で入獄する。25年衆議院議員(当選3回,政友会)。明治35年8月9日死去。54歳。越中(富山県)出身。号は虎岳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稲垣示

没年:明治35.8.9(1902)
生年嘉永2(1849)
明治期の自由民権家。越中国射水郡(富山県高岡市)出身。号は虎岳。明治14(1881)年4月より16年3月まで石川県県会議員,13年『北陸日報』,15年『自由新誌』を創刊,また22年『北陸公論』社長,第2回,3回,6回の衆院議員選挙に当選。県議時代県令侮辱の舌禍を起こしたことは有名,大阪事件(1885)にも連座した。

(池内啓)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android