コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣隆秀 いながき たかひで

1件 の用語解説(稲垣隆秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣隆秀 いながき-たかひで

1723-1797 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)8年生まれ。大坂で中井甃庵(しゅうあん)・履軒の私塾懐徳堂にまなび,播磨(はりま)(兵庫県)安志藩の学問所教頭となる。宝暦4年老父の扶養のため郷里の美作(みまさか)(岡山県)にかえる。のちその孝養と村民教化を幕府に表彰された。寛政9年1月6日死去。75歳。字(あざな)は子華。通称は浅之丞。号は滝下散人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲垣隆秀の関連キーワードサン・シモン蔀関月阪神高速道路会社魚町商店街火災池大雅今井似閑小沢蘆庵河羨録楫取魚彦スミス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone