コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣隆秀 いながき たかひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣隆秀 いながき-たかひで

1723-1797 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)8年生まれ。大坂で中井甃庵(しゅうあん)・履軒の私塾懐徳堂にまなび,播磨(はりま)(兵庫県)安志藩の学問所教頭となる。宝暦4年老父の扶養のため郷里の美作(みまさか)(岡山県)にかえる。のちその孝養と村民教化を幕府に表彰された。寛政9年1月6日死去。75歳。字(あざな)は子華。通称は浅之丞。号は滝下散人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲垣隆秀の関連キーワード小笠原長逵稲垣子華儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android