コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲庭城 いなにわじょう

日本の城がわかる事典の解説

いなにわじょう【稲庭城】

秋田県湯沢市(旧稲川町)にあった城郭。鎌倉時代の初めから戦国時代にかけての約400年間、仙北地方(現在の秋田県南部)を領有していた小野寺氏が居城としていた城で、標高約704mの大森山の西の尾根にあった典型的な山城(やまじろ)である。東の最も高い場所に主郭が、その西隣に二ノ郭(下館)があった。小野寺氏はもとは下野(現在の栃木県)の武将で、源頼朝の奥州藤原氏征伐に従軍し、その功績により羽後国雄勝郡の地頭職に任じられて、この地に根を下ろした。稲庭城の成立については諸説あるが、一説には1193年(建久4)、小野寺重道が稲庭城を築いて居城としたとされる。この城を拠点として勢力を広げ、秋田県南部の大勢力となった。室町時代末期、小野寺氏は沼館城、次いで横手城に居城を移した。稲庭城には城代が置かれたが、間もなく当主小野寺泰道の二男の晴道が城主となり、以降稲庭氏を名乗った。1590年(天正18)の豊臣秀吉の奥羽仕置で、小野寺氏はその領地を大きく削られ、1595年(文禄4)には雄勝郡の領有を主張する最上義光が小野寺領に侵攻し、稲庭城も最上氏の攻撃により1598年(慶長3)に落城した。その後すぐに廃城となった。二ノ郭の南東の隅には櫓(やぐら)台跡が、また、二ノ郭北側には腰郭と大手口の跡が残っている。この二ノ郭まで麓から遊歩道が整備されているほか、スロープカーが運行している。二ノ郭には今昔館と呼ばれる模擬天守がつくられており、内部には稲庭城や小野寺氏に関する歴史史料の展示のほか、当地の名物の稲庭うどんやほかの地元物産、伝統産業を紹介するコーナーがある。JR奥羽本線湯沢駅からバスで下早坂下車。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

稲庭城の関連キーワード秋田県湯沢市稲庭町稲川[町]西馬音内城川連漆器

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲庭城の関連情報