稲荷鳥居(読み)イナリドリイ

大辞林 第三版の解説

いなりどりい【稲荷鳥居】

鳥居の形式の一。明神鳥居に似て、柱と島木との間に台輪が付いたもの。台輪鳥居。 → 鳥居

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いなり‐どりい ‥どりゐ【稲荷鳥居】

〘名〙 鳥居の一つ。明神鳥居に似て島木(しまぎ)と柱の間に台輪(だいわ)のある鳥居。台輪鳥居。
※匠家必要記(1756)下(古事類苑・神祇一〇)「鳥居に品々有、神明鳥居、黒木の鳥居〈略〉稲荷鳥居」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の稲荷鳥居の言及

【鳥居】より

…春日鳥居は反増がないほかはこの種類のものとほぼ同じで,多くは丹彩(たんさい)をほどこす。また,稲荷鳥居には台輪があるところがちがう。山王(日吉)鳥居には笠木の上に合掌形の破風がついている。…

※「稲荷鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲荷鳥居の関連情報