江戸名所記(読み)えどめいしょき

日本大百科全書(ニッポニカ)「江戸名所記」の解説

江戸名所記
えどめいしょき

江戸最古の絵入り名所案内的地誌。著者浅井了意(りょうい)と伝えられ、1662年(寛文2)京都五条寺町・河野道清刊。7巻。武蔵(むさし)国の沿革から始め、江戸城、日本橋などの江戸の名所80か所を、主として神社仏閣を中心に見物する形式で記す。巻4には禰宜(ねぎ)町浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎(かぶき)、巻7には新吉原の記述もあるが、江戸城にはまだ天守閣が残り、また一方で吉祥寺(きちじょうじ)や回向院(えこういん)など明暦(めいれき)大火(1657)以後のこともみえるので、すべてが同時点の叙述とはいえない。挿画は初期の江戸史料としても貴重である。『続々群書類従』『江戸叢書(そうしょ)』『改造文庫』所収。

[水江漣子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「江戸名所記」の解説

江戸名所記
えどめいしょき

地誌。7巻。浅井了意の作とされている。寛文2 (1662) 年京都で刊行。実用的江戸案内というよりは京坂の人々に江戸の名所や歴史,風俗を紹介したもので,多くの挿絵を入れ,江戸地誌の刊本としては最も古く,風俗史料としても重要。『続々群書類従』などに所収。 (→名所図会 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「江戸名所記」の解説

えどめいしょき【江戸名所記】

江戸前期の名所記。「江戸名所物語」とも。七巻七冊。浅井了意著。寛文二年(一六六二)刊。友人と二人で江戸の名所を巡るという趣向で、各名所の由来から、これにちなむ古歌・俳諧などを七九項にわたって記述したもの。江戸に関する最初の本格的案内記。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「江戸名所記」の解説

江戸名所記【えどめいしょき】

江戸初期の地誌。7巻7冊。伝浅井了意著。1662年刊。江戸地誌・名所案内で,80余の名所について絵入りで述べ,各名所ごとに歌を記す。江戸風俗資料としても貴重。以後,多くの名所記を生む。→江戸名所図会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「江戸名所記」の解説

えどめいしょき【江戸名所記】

江戸の絵入り地誌で最古のもの。7巻。著者は浅井了意。寛文2年(1662)刊。江戸を代表する名所・神社・仏閣などについて、その沿革や伝説縁起などを記す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「江戸名所記」の解説

えどめいしょき【江戸名所記】

仮名草子,地誌。浅井了意作。1662年(寛文2)刊。7巻7冊。板下は了意みずからの手にかかる。同人作の《東海道名所記》のように小説の構成をとるものではなく,地誌・名所案内であるが,春の日にの戸を浮かれ出た男が道で同じ趣味の男に会い,二人打ち連れて名所多き江戸を巡るという趣向をもつ。この趣向は《東海道名所記》さらにさかのぼれば《竹斎》にも用いられている。また,行く先々で狂歌を読むことも古くから行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android