コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉春生 いなば しゅんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉春生 いなば-しゅんせい

1890-1976 昭和時代の日本画家。
明治23年6月5日生まれ。生地岡山県の小学校教諭をへて大正14年京都にうつり,竹内栖鳳(せいほう),土田麦僊(ばくせん)に師事。昭和6年帝展で「花葵」が入選。以後,新文展などで入選。戦後,岡山市に画室をかまえて,36年日本画研究会の青丘社を設立,主宰した。昭和51年1月29日死去。85歳。岡山師範卒。本名は国市。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉春生の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門ドナルド ヘンダーソン社会民主党(ドイツ)ドイツ映画実験映画ロサンゼルス・ドジャース安野光雅アンリ鎌田慧

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone