コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀断ち コクダチ

デジタル大辞泉の解説

こく‐だち【穀断ち】

[名](スル)修行または立願成就のため、ある期間、穀類を食べないで生活すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくだち【穀断ち】

五穀または十穀を食べずに修行すること。その修行者を古くは穀断聖(ひじり)といったが,中世・近世には十穀聖とか木食(もくじき)行者とよぶようになった。五穀,十穀の種類はかならずしも一定していない。五穀は普通米・麦・ヒエ・大豆・小豆といわれるが,アワやキビをかぞえる場合もあり,ソバも十穀の中に入るので,ソバ食即木食というわけにはゆかない。要するに人間の栽培食物を食べないで,アワ・シイ・松実・クルミ・カヤ・トチなどの木の実草根を食べることによって,人間の穢れから遠ざかろうという思想から出たものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくだち【穀断ち】

( 名 ) スル
修行や立願りゆうがんなどのため、ある期間、穀類を食べないこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

穀断ちの関連キーワード長谷川角行ミイラ行人塚がん

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android