コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀断ち コクダチ

デジタル大辞泉の解説

こく‐だち【穀断ち】

[名](スル)修行または立願成就のため、ある期間、穀類を食べないで生活すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくだち【穀断ち】

五穀または十穀を食べずに修行すること。その修行者を古くは穀断聖(ひじり)といったが,中世・近世には十穀聖とか木食(もくじき)行者とよぶようになった。五穀,十穀の種類はかならずしも一定していない。五穀は普通米・麦・ヒエ・大豆・小豆といわれるが,アワやキビをかぞえる場合もあり,ソバも十穀の中に入るので,ソバ食即木食というわけにはゆかない。要するに人間の栽培食物を食べないで,アワ・シイ・松実・クルミ・カヤ・トチなどの木の実草根を食べることによって,人間の穢れから遠ざかろうという思想から出たものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくだち【穀断ち】

( 名 ) スル
修行や立願りゆうがんなどのため、ある期間、穀類を食べないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

穀断ちの関連キーワード長谷川角行ミイラ行人塚がん

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android