コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木食上人 もくじきしょうにん

2件 の用語解説(木食上人の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

木食上人【もくじきしょうにん】

出家した後,米,野菜を食せず,木の実,山菜のみを食して修行する僧の通称。特に有名なものに次の二人がある。(1)応其(おうご)〔1536-1608〕は戦国時代真言宗の僧。
→関連項目鉈彫柳宗悦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もくじきしょうにん【木食上人】

肉類,五穀を食べず,木の実や草などを食料として修行することを木食といい,その修行を続ける高僧を木食上人といった。高野山の復興に尽くした安土桃山時代の応其(おうご)(木食応其)は,広く木食上人の名で知られるが,江戸時代前期には摂津の勝尾寺で苦行を続け霊験あらたかな僧として知られた以空(いくう),中期には京都五条坂の安祥院中興の祖となった養阿,江戸湯島の木食寺の開基として知られる義高,後期には特異な様式の仏像を彫刻して庶民教化に尽くした五行(木喰五行明満)があらわれるなど,木食上人として崇敬された高僧は少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木食上人の関連キーワードマレーグマ悪食禁断の木の実言を食む食べず嫌い食べ物屋木食粒食馬鈴薯を食べる人々単食性昆虫

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone