コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀物選別機(読み)こくもつせんべつき

世界大百科事典 第2版の解説

こくもつせんべつき【穀物選別機】

脱穀,もみすり,精米,精選などのさい,わらくず,ごみ,不良砕粒などを分離,除去するために用いられる農機具穀粒の大小,形状,比重,表面の摩擦,光の透過度などの違いを利用して,風力,ふるい,くぼみつきの円板や円筒などを用いて行う。選別の方法によっていろいろな種類がある。穀物に付着したごみや土ぼこり,未熟粒,砕粒を風力で除くものは唐箕(とうみ)といい,落下する穀粒に横方向から風をあてると充実した粒は手前に,軽いわらやごみは遠方にとぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android