機具(読み)きぐ

精選版 日本国語大辞典「機具」の解説

き‐ぐ【機具】

〘名〙 機械および器具。〔頓要集(14C後‐15C前)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三八「君は我輩を以て政事の(キグ)となすか」

はた‐ぐ【機具】

〘名〙 織物をつくるのに用いる具。機織り道具。はたくさ。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉五「至る処の町村に機具を繰れる音響聞え」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「機具」の解説

はた‐ぐ【機具】

機を織るための道具。機織り道具。

き‐ぐ【機具】

機械器具総称。「農機具
[類語]機械機器器具利器装置機関からくり仕掛けマシンメカニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android