コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空谷の跫音 クウコクノキョウオン

デジタル大辞泉の解説

空谷(くうこく)の跫音(きょうおん)

《「荘子」徐無鬼の「空谷に逃るる者は、人の足音の跫然たるを聞きて喜ぶ」から》だれもいないはずの山奥で聞こえる足音。孤独なときに受ける珍しくてうれしい訪問や便りたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうこくのきょうおん【空谷の跫音】

〔荘子 徐無鬼
寂しい山中に響く足音。転じて、寂しく暮らしているときの思いがけない訪問やうれしい便りのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空谷の跫音の関連情報