空間図形(読み)クウカンズケイ

大辞林 第三版の解説

くうかんずけい【空間図形】

三次元の広がりをもった図形。立体図形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空間図形
くうかんずけい

空間にある図形のこと。立体図形ともいう。点、直線、平面を基にして、、円柱、円錐(えんすい)、角柱、角錐、多面体などがある。点、直線、平面については、次のことが基本となる。(1)1直線上にない3点を含む平面は一つあって一つに限る。(2)平面上の2点を通る直線はこの平面に含まれる。したがって直線と平面は、共有点があれば、1点で交わるか、直線が平面に含まれるかである。(3)2平面は1点だけを共有することはない。したがって、2平面に共通な点があれば、1直線(交線)を共有する。
 空間にある2直線には、同一平面上にある(この場合は、交わる、または平行)、同一平面上にない、の二つの場合がある。同一平面上にないときは、ねじれの位置にあるという。空間図形を平面の上に表すのにはいろいろな方法がある。普通使われるのは平面図と立面図による正投影である。[栗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空間図形の関連情報