コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立入宗長 たてり むねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立入宗長 たてり-むねなが

?-1537* 戦国時代の商人。
立入宗康(むねやす)の子。父の跡をつぎ禁裏御倉職(きんりみくらしき)(財政担当)となる。後柏原(ごかしわばら)天皇が践祚後21年をへても即位の礼をあげられないのを憂慮し,三条西実隆(さねたか)を通じ本願寺の実如(じつにょ)より献金をうけ,即位式をおこなった。天文(てんぶん)5年12月10日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立入宗長の関連キーワードノルウェー文学横浜市の要覧堀部邸明智秀満足利義昭五十嵐川犬山城Edward the Confessorオリンダ刈谷田川