コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立原任(読み)たちはら じん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立原任 たちはら-じん

1873-1931 明治-昭和時代前期の電気技術者。
明治6年11月生まれ。アメリカに留学後,三菱合資に入社して鉱業電化にあたる。のち日本電池,三菱電機の取締役を歴任。昭和3年電気学会会長。この間猪苗代(いなわしろ)水力電気送電線の設計などを手がけ,電化の博士といわれた。昭和6年12月16日死去。59歳。秋田県出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる