コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立木ニ関スル法律 りゅうぼくニかんスルほうりつ

1件 の用語解説(立木ニ関スル法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立木ニ関スル法律
りゅうぼくニかんスルほうりつ

明治 42 (1909) 年法律 22号。立木法と略称される。立木 (りゅうぼく) は「たちき」ともいわれ,土地に生立する樹木,普通はその集団をさす。樹木は伐採されるまでは土地の定着物であり,土地と一体をなすものである (1条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立木ニ関スル法律の言及

【明認方法】より

…判例・学説はこのような実態を真正面から肯定し,明認方法を立木などの権利変動の公示方法として早くから承認するに至っている。もっとも,樹木の集団については〈立木ニ関スル法律〉(立木法と略称。1909公布)が制定されて登記の道がひらかれ,登記をしたものについては独立の不動産として扱われることになったため(立木法2条),明認方法はとくに必要でなくなったともいえるが,実際上は立木登記のなされる例は少なく,また樹木の集団以外は登記が認められていないこともあって,明認方法は現在なお幅広く利用されているようである。…

【立木】より

…しかし,日本の取引界では,古来慣行的に,樹木を土地に生育したままの状態で地盤と独立して取引してきたので,立木を独立の不動産として取り扱い,独立の物権の客体とする必要があった。そこで,一方でまず,〈立木ニ関スル法律〉(立木法と略称。1909公布)を制定し,〈一筆ノ土地又ハ一筆ノ土地ノ一部分ニ生立スル樹木ノ集団〉であって,〈其ノ所有者ガ本法ニ依リ所有権保存ノ登記ヲ受ケタルモノ〉(1条)を独立の不動産とみなした(2条1項)。…

※「立木ニ関スル法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立木ニ関スル法律の関連キーワード日良小堀宗有新聞紙法林野砂防指定地小田貫一二荒芳之古市二郎水原実山崎景則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone