立木法(読み)りゅうぼくほう

百科事典マイペディア「立木法」の解説

立木法【りゅうぼくほう】

正称は〈立木に関する法律〉(1909年)。立木(土地に生立するままの樹木の集団)に登記および抵当権設定の方法を与えた法律で,登記された立木は土地から離れた独立の不動産となる。人工林だけでなく天然林にも適用がある。民法の補充法。
→関連項目不動産

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の立木法の言及

【立木】より

…しかし,日本の取引界では,古来慣行的に,樹木を土地に生育したままの状態で地盤と独立して取引してきたので,立木を独立の不動産として取り扱い,独立の物権の客体とする必要があった。そこで,一方でまず,〈立木ニ関スル法律〉(立木法と略称。1909公布)を制定し,〈一筆ノ土地又ハ一筆ノ土地ノ一部分ニ生立スル樹木ノ集団〉であって,〈其ノ所有者ガ本法ニ依リ所有権保存ノ登記ヲ受ケタルモノ〉(1条)を独立の不動産とみなした(2条1項)。…

※「立木法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android