立正治国論(読み)りっしょうちこくろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立正治国論
りっしょうちこくろん

仏書。日親著。1巻。永享 11 (1439) 年成立。多くの経典を引用して,治国安民のためには,邪宗を棄てて唯一の正法である法華経を信ずべきことを論じた。日蓮の『立正安国論』にならい,時の為政者である将軍足利義教に対する諫言を目的としたが,義教の怒りを買い,日親は禁獄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android