立正治国論(読み)りっしょうちこくろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立正治国論
りっしょうちこくろん

仏書。日親著。1巻。永享 11 (1439) 年成立。多くの経典を引用して,治国安民のためには,邪宗を棄てて唯一の正法である法華経を信ずべきことを論じた。日蓮の『立正安国論』にならい,時の為政者である将軍足利義教に対する諫言を目的としたが,義教の怒りを買い,日親は禁獄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android