立正治国論(読み)りっしょうちこくろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立正治国論
りっしょうちこくろん

仏書。日親著。1巻。永享 11 (1439) 年成立。多くの経典を引用して,治国安民のためには,邪宗を棄てて唯一の正法である法華経を信ずべきことを論じた。日蓮の『立正安国論』にならい,時の為政者である将軍足利義教に対する諫言を目的としたが,義教の怒りを買い,日親は禁獄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android