コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立浪草 タツナミソウ

デジタル大辞泉の解説

たつなみ‐そう〔‐サウ〕【立浪草】

シソ科の多年草。野原や丘陵に生え、高さ20~40センチ。茎に白い毛がある。夏、多数の紫色や白色の唇形花穂状につける。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつなみそう【立浪草】

シソ科の多年草。山野に生える。茎は高さ約30センチメートルで円心形の葉を数対つける。初夏、穂状花序の片側に淡青紫色の唇形花を十数個つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

立浪草 (タツナミソウ)

学名:Scutellaria indica
植物。シソ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

立浪草の関連キーワード穂状花序初夏片側山野

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立浪草の関連情報