コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花蘭斎 たちばな らんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花蘭斎 たちばな-らんさい

1801-1831 江戸時代後期の儒者。
享和元年3月21日生まれ。立花鑑寿(あきひさ)の子。はじめ江戸で儒学を黒沢雪堂に,書を関克明にまなぶ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩で安東節庵,牧園茅山に師事,柳河文壇の中心人物として活躍。天保(てんぽう)2年7月29日死去。31歳。名は寿淑。通称は右京。別号に鶴舞堂,洗心庵など。著作に「永夜物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立花蘭斎の関連キーワードクールノ享和パーベル1世山東京伝ドーミエベルギーゴローブニンジョードンバードハラタマ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android