コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立願 リツガン

デジタル大辞泉の解説

りつ‐がん〔‐グワン〕【立願】

[名](スル)神仏に願をかけること。願立て。願かけ。りゅうがん。

りゅう‐がん〔リフグワン〕【立願】

[名](スル)りつがん(立願)」に同じ。
「母上は、御―の事、人にも語らせ給はねば」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りつがん【立願】

( 名 ) スル
神や仏に願がんをかけること。願かけ。願たて。りゅうがん。

りゅうがん【立願】

りつがん(立願)」に同じ。 「御-三あり/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立願の関連キーワード吉田神社(京都市)友野与右衛門伏見稲荷大社願掛け・願掛玉名(市)枚田弥兵衛王丸彦四郎血達磨物熊谷直実願ほどき玉名温泉守武千句輪島聞声木村秀三仏寺造像記地芝居願掛け朱印状楊谷寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android