コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願う ネガウ

2件 の用語解説(願うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねが・う〔ねがふ〕【願う】

[動ワ五(ハ四)]《「ね(祈)ぐ」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」から》
神仏に、希望の実現することを祈る。祈請する。願をかける。「神前で合格を―・う」
望みがかなうように請い求める。望み求める。「成功を心から―・う」
こうしてほしいことを人に頼む。助力や配慮を求める。「手伝いを―・う」「ご援助を―・う」
公の機関に希望することを申請する。請願する。「国有林の払い下げを―・う」
商店で、品物を客に買ってもらう。「お安く―・っております」
動詞の連用形や動作性のある漢語の名詞などに付いて、「…していただく」などの意を表す。「ぜひともお越し―・います」「ぜひ出席―・いたい」
[可能]ねがえる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねがう【願う】

( 動五[四] )
〔動詞「祈ぐ」の未然形に継続の助動詞「ふ」の付いたものから〕
神仏に、望みがかなえられるようにと請い求める。祈願する。 「家内安全を-・う」
他人に対し、こうしてほしいと頼む。 「先生に御出馬を-・う」 「寄付を-・う」
自分の気持ちとして、こうなってほしい、こうあってほしい、と強く思う。望む。 「子供の幸福を-・わぬ親はない」
役所などに願いや申請を提出する。願い出る。 「許可を-・う」
(主に「お願いします」「お願いする」の形で)動作を表す語をいわずにある動作を依頼する。 「係の方をお-・いします」 「天丼てんどん二つお-・い」 「せがれをよろしく-・います」
動詞の連用形に「お」を冠したものや漢語サ変動詞の語幹に「御」を冠したものの下に付いて、…して下さる、…していただくなどの意を表す。 「お早くお乗り-・います」 「わざわざお越し-・ったのに留守で失礼しました」 「タバコは御遠慮-・いたい」 「どうぞ御安心-・います」
得たいと思う。 「世の人の貴び-・ふ七種の宝も我は何せむに/万葉集 904
[可能] ねがえる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

願うの関連情報