コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹とんぼ たけとんぼ

世界大百科事典 第2版の解説

たけとんぼ【竹とんぼ】

竹細工の一種で,子どもの遊び具の一つ。遊びには,竹とんぼを作る創作の面と,それを飛ばし合って高さや滞空時間を競うという2面がある。作り方は,長さ10cm,幅1.5~2cmくらいに割った竹を,左右のバランスを配慮しながらプロペラ形に薄く削り,翼の部分とする。心棒は翼に対して1.5倍くらいの長さにし,丸細く削って翼の中心部に直角にさす。これが一般的な竹とんぼである。そのほか,翼の中心に左右二つの穴をあけ,心棒の先端をふたまたにしてその穴に入れ,心棒を回転させて翼だけを飛ばすもの,心棒の受け竹を作り,心棒に巻きつけた糸を引くことによって心棒を回転させ,翼だけを飛ばすようにくふうしたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

竹とんぼ

けん玉の技のひとつ。玉をけんにさした状態から、玉に横回転をかけてけんから放り上げ、落下してきた玉を再度けんで受ける。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹とんぼ
たけとんぼ

竹をプロペラ状に削って、その羽根の重心部に軸をつけた飛行玩具(がんぐ)。竹軸を両手のひらでぐるぐる揉(も)み回し、その反動で羽根を回転させ、飛ばして遊ぶ。江戸時代、享保(きょうほう)年間(1716~36)の発生ともいい、一説には、安永(あんえい)年間(1772~81)に平賀源内が考案したともいう。明治以降も手製で遊べるので子供に愛好され、小学校の工作時間などにも登場している。小物玩具としても商品化され、明治30年代からブリキ製も現れた。軸の先が二またになっていて羽根だけが飛ぶものがあり、これには四枚羽根の周りに輪をつけたものがある。縁日の露店などでも売られているが、第二次世界大戦後はプラスチック製のものも出回っている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竹とんぼの関連キーワード明日…咲く秋岡 芳夫斎藤了一けん玉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹とんぼの関連情報