コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹の節 タケノフシ

デジタル大辞泉の解説

たけ‐の‐ふし【竹の節】

竹の幹にあるくぎり。
脇障子(わきしょうじ)などの上に用いる欄間飾り。親柱の上下に玉縁とよぶ水平材を架け渡し、間に(さん)をたすき状に入れたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

竹の節の関連キーワード強直性脊椎炎アイベックスアンテロープ竹の節欄間筧・懸け樋ジャンク取り潜む松竹梅文節巻の弓かっぽ鶏井戸茶碗水鉄砲笹竹の篠竹のスリン一節切呉竹の川竹の弱竹の憂き節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹の節の関連情報