コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹の節 タケノフシ

デジタル大辞泉の解説

たけ‐の‐ふし【竹の節】

竹の幹にあるくぎり。
脇障子(わきしょうじ)などの上に用いる欄間飾り。親柱の上下に玉縁とよぶ水平材を架け渡し、間に(さん)をたすき状に入れたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

竹の節の関連キーワードアイベックス強直性脊椎炎アンテロープ竹の節欄間筧・懸け樋松竹梅文ジャンク井戸茶碗節巻の弓取り潜むかっぽ鶏篠竹の笹竹の水鉄砲川竹の呉竹の一節切憂き節弱竹のスリン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹の節の関連情報