コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平成研究会 ヘイセイケンキュウカイ

デジタル大辞泉の解説

へいせい‐けんきゅうかい〔‐ケンキウクワイ〕【平成研究会】

自由民主党派閥の一。平成8年(1996)に経世会から改称(一時、平成政治研究会と呼称)。党内最大派閥だったが、小泉純一郎内閣時にその座を清和政治研究会に奪われた。
[補説]平成研究会の系譜:(吉田派から)→佐藤派田中派竹下派小渕派橋本派津島派額賀派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平成研究会
へいせいけんきゅうかい

自由民主党派閥。1992年に小渕恵三が継承した経世会が 1994年に平成政治研究会,さらに平成研究会へと改称した。1996年には同派橋本龍太郎が,1998年には小渕が内閣総理大臣に就任した。しかし,2001年に首相となった小泉純一郎清和会(福田派)出身であり,田中角栄福田赳夫権力闘争,角福戦争以来の怨念があったため冷遇され,以降は政権中枢から遠ざかった。2009年の衆議院議員総選挙後,数少ない派閥生え抜きの額賀福志郎が会長に就任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

平成研究会の関連キーワード1億円ヤミ献金事件1億円献金事件小泉純一郎内閣保守本流補説森派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平成研究会の関連情報