コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹下登 たけしたのぼる

6件 の用語解説(竹下登の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹下登
たけしたのぼる

[生]1924.2.26. 島根
[没]2000.6.19. 東京
政治家。 1947年早稲田大学卒業。中学教員を経て,1951年島根県議会議員。 1958年衆議院議員。以後連続当選 13回。その間,自由民主党青年局長,官房長官建設大臣,党幹事長代理を歴任後,第1次・第2次中曽根康弘内閣大蔵大臣

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけした‐のぼる【竹下登】

[1924~2000]政治家。島根の生まれ。中学教師を経て昭和33年(1958)衆議院議員初当選。官房長官・大蔵大臣などを歴任後、同62年に田中(角栄)派を分裂させ経世会を結成。同年、中曽根首相の指名で後継首相となる。消費税導入やリクルート事件などへの批判で支持率が低下、平成元年(1989)内閣総辞職。その後も自民党最大派閥の領袖として影響力を発揮した。→宇野宗佑

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竹下登【たけしたのぼる】

政治家。島根県出身。早稲田大学卒業。島根県議を経て,1958年自由民主党から衆議院議員に当選。1971年に内閣官房長官として初入閣,以後,建設相,蔵相などを歴任。
→関連項目宇野宗佑宇野宗佑内閣中曾根康弘内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹下登 たけした-のぼる

1924-2000 昭和後期-平成時代の政治家。
大正13年2月26日生まれ。島根県議をへて,昭和33年衆議院議員(当選14回,自民党)。佐藤派,のち田中派に属す。49年第2次田中内閣の官房長官。のち三木内閣の建設相をはじめ,蔵相,党幹事長などを歴任。60年竹下派をつくり,62年首相。63年消費税を導入。平成元年リクルート事件で辞任した。退陣後も歴代の自民党政権誕生に影響力をもった。平成12年6月19日死去。76歳。島根県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たけしたのぼる【竹下登】

1924~2000) 政治家。島根県生まれ。早大卒。87年首相に就任。「ふるさと創生」を掲げ、税制改革を推進。89年に消費税導入を果たしたが、リクルート事件で辞任した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹下登
たけしたのぼる
(1924―2000)

政治家。島根県生まれ。1947年(昭和22)早稲田(わせだ)大学を卒業し、島根県の中学校教師となる。青年団活動で政治基盤を築き、1951年島根県議会議員、1958年自民党衆議院議員となり、1971年第三次佐藤栄作内閣の官房長官で初入閣、得意な「根回し、気配り」で政策調整、国会対策に活躍。1974年田中角栄(たなかかくえい)内閣で内閣官房長官、1978年大平正芳(おおひらまさよし)内閣の大蔵大臣、1982年中曽根康弘(なかそねやすひろ)内閣で大蔵大臣などを歴任した。1985年田中派から独立して創政会を旗上げ、1986年創政会を解散、自民党幹事長となり、1987年竹下派「経世会」を結成し、自民党最大派閥となって党を支配、同年第12代自民党総裁、第74代、46人目の首相に就任。ふるさと創生を目標に掲げたが、消費税導入による不人気、リクルート事件の疑惑で退陣した。のち宇野宗佑(うのそうすけ)、海部俊樹(かいふとしき)、宮沢喜一各政権づくりで影響力を発揮したが、1992年(平成4)には竹下派が小渕(おぶち)派と羽田(はた)派に分裂し影響力は大きく低下した。2000年政界を引退。[伊藤 悟]
『竹下登著『証言 保守政権』(1991・読売新聞社) ▽竹下登著『政治とは何か――竹下登回顧録』(2001・講談社) ▽岩瀬達哉著『われ万死に値す――ドキュメント竹下登』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竹下登の言及

【リクルート事件】より

… 国会での追及と検察当局の捜査の結果によれば,未公開株を贈られた政治家は自民党13名,民社党2名,社会党・公明党各1名であった。このなかには中曾根康弘内閣の閣僚4名,官房副長官がおり,贈与を受けた宮沢喜一蔵相は辞任(1988年12月),竹下登首相も辞任に追い込まれ,同内閣は崩壊(1989年6月),中曾根は自民党籍を離脱した(1989年5月)。また元官房長官藤波孝生,公明党議員池田克也が受託収賄罪で,自民党議員安倍晋太郎,宮沢,加藤六月の各秘書が政治資金規正法違反で,NTT代表取締役真藤恒,文部次官高石邦男,労働次官加藤孝らが収賄罪で起訴され,真藤,加藤の有罪が確定している。…

※「竹下登」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹下登の関連キーワード山岸純飛鳥井雅道木戸蓊小山やす子重田保夫千田夏光辻隆東中光雄松本作衛山寺秀雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹下登の関連情報