竹内 平吉(読み)タケウチ ヘイキチ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「竹内 平吉」の解説

竹内 平吉
タケウチ ヘイキチ


職業
チェロ奏者 指揮者 作曲家

肩書
帝国劇場附属洋楽部楽長

生年月日
明治20年 9月6日

出生地
静岡県

学歴
東京音楽学校(東京芸術大学)〔明治43年〕

経歴
明治44年に新設された帝国劇場附属洋楽部の初代楽長として迎えられ、チェリスト兼指揮者としてローシーとともに創成期のオペラ指導に尽力。大正12年に起きた関東大震災を機に宝塚少女歌劇に移り、その指揮者を務める。同団では作曲家としても活躍し、久松一声作の「笛争ひ」、楳茂都陸平作の「火とり虫」「ドナウの流れ」、坪内士行作の「古柳の嘆き」、岸田辰弥作の「シャクンタラ姫」、宇津秀男作の「ジャンダーク」、白井鉄造作の「サルタンバンク」、岩村和雄作の「絶えざる動き」、小野晴通作の「霊泉」などの音楽を担当、大正・昭和期の音楽劇の発展に力を注いだ。傍ら宝塚交響楽協会のチェリスト・指揮者としても活動。戦後は昭和35年に神戸大学の応援歌「宇宙を股に」(作詞は同大第2代学長の古林喜楽)を作曲した。

没年月日
昭和47年 4月14日 (1972年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典「竹内 平吉」の解説

竹内 平吉
タケウチ ヘイキチ

明治〜昭和期のチェロ奏者,指揮者



生年
明治20(1887)年9月6日

没年
昭和47(1972)年4月14日

出生地
静岡県

学歴〔年〕
東京音楽学校〔明治43年〕卒

経歴
明治44年に新設された帝国劇場付属洋学部の楽長として迎えられ、創成期のオペラ指導に尽力した。のち宝塚少女歌劇の指揮者として迎えられるなど、大正、昭和期の音楽劇の発展に力を尽くした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android