コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内久盛 たけのうち ひさもり

2件 の用語解説(竹内久盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内久盛 たけのうち-ひさもり

1503-1595 戦国-織豊時代の武術家。
文亀(ぶんき)3年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)一之瀬城主。天文(てんぶん)元年垪和(はが)三宮の山中で修行し,霊験をえて捕手(とりて),腰廻(こしのまわり)の技を中心とする竹内流を創始した。のち宇喜多直家に城を攻略され,晩年は稲荷山城の原田氏のもとに身をよせた。文禄(ぶんろく)4年6月30日死去。93歳。通称は中務大夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内久盛

没年:文禄4.6.30(1595.8.5)
生年:文亀3(1503)
戦国・安土桃山時代の武術家。竹内流腰廻 りの開祖。美作国(岡山県)垪和村の人で,豪族・杉山為就の子。のち竹内為長の養子となり,西垪和一ノ瀬に新城を築いて1万3000石を領した。天文1(1532)年6月同地の三の宮で修行中に,山伏より小刀を使っての小具足術と早縄術を伝授された。のちに腰廻りと称されたこの術は,捕手を中心に棒,拳,縄,短剣なども併用した総合武術で,柔術の最も初期のものといえる。天正期に宇喜多直家と戦って敗れ,晩年は稲荷山城主原田弥右衛門家に扶養され,93歳で没した。<参考文献>今村嘉雄他編『日本武道大系』6巻

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹内久盛の関連キーワード道恵文閑細川玄旨山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代竹内流文禄横目付竹内加賀之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone