コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内浩三

2件 の用語解説(竹内浩三の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

竹内浩三

21年5月、現在の三重県伊勢市生まれ。小津安二郎にあこがれ、映画監督をめざして40年に日大専門部映画科に入学。だが、41年の日米開戦で翌42年に繰り上げ卒業し、同時に津市にあった陸軍の部隊に入営した。筑波の部隊には43年に配属された。「骨のうたう」など多くの詩や小説は同人誌「伊勢文学」を創刊した42年ごろまでに残したが、脚光を浴びたのは死後。45年4月、フィリピンで戦死。23歳だった。

(2012-08-14 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内浩三 たけうち-こうぞう

1921-1945 昭和時代前期の詩人。
大正10年5月12日生まれ。日大芸術科にまなぶかたわら,同人誌「伊勢文学」に詩や散文を発表。昭和17年繰り上げ卒業で入隊し,茨城県西筑波の滑空部隊に配属され,20年4月9日フィリピンで消息をたった。25歳。戦後,遺稿をまとめた「愚の旗」「筑波日記」「竹内浩三全集」などが出版された。三重県出身。
【格言など】戦死やあわれ/兵隊の死ぬるや あわれ/遠い他国で ひよんと死ぬるや/だまつて だれもいないところで/ひよんと死ぬるや(「骨のうたう」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹内浩三の関連キーワード繁野天来相川俊孝青柳優岡本弥太高祖保左川ちか津村信夫ドン ザッキー野村吉哉藤田文江

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹内浩三の関連情報