コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹生島詣 ちくぶしまもうで

世界大百科事典 第2版の解説

ちくぶしまもうで【竹生島詣】

平曲の曲名。平物(ひらもの)。フシ物。木曾義仲の軍を迎え撃つために,平家は琵琶湖畔を北上した。副将軍平経正(つねまさ)は,管絃の道に長じた人で,進軍中ながら湖上の名島に心ひかれ,小舟で竹生島に渡った。頃は4月半ばで,まだ春のなごりが感じられ,老い鶯の声にほととぎすの初音が添い,松の藤波が美しく,仙界蓬萊宮(ほうらいきゆう)とはここのことかと思われるばかりだった(〈三重(さんじゆう)・初重〉)。ある経に,金輪際(こんりんざい)から生じた水精輪(すいしようりん)の山に天女の住みかがあると記してあるのも,この地のことのようだ(〈サシ声〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹生島詣の関連キーワード竹生島(能)竹生島物平曲

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹生島詣の関連情報