コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田津 たけたづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹田津
たけたづ

大分県北東部,国東市北部の旧町域。国東半島の北端に位置する。 1913年町制施行。 1960年国見町と合体して国見町となり,2006年国東町,武蔵町,安岐町と合体して国東市となる。周防灘に臨み大きく湾入し,干潮時にも 6m余の水深を保つ天然の良港。江戸時代から半島海運の中心として栄えたが,後背地に乏しく,近代以降は小型船舶の避泊地となっている。 1968年山口県徳山市との間にフェリーが開通。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

竹田津の関連キーワード鬼塚古墳〈大分県国東市〉ニューくにさき国見(大分県)大分県国東市国東(市)国見[町]武蔵町

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android