コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安岐 あき

2件 の用語解説(安岐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安岐
あき

大分県北東部,国東市南部の旧町域。国東半島南東部にある。 1897年町制施行。 1954年西安岐町と西武蔵村,朝来村,南安岐村,奈狩江村の一部と合体。 2006年国見町,国東町,武蔵町と合体して国東市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安岐
あき

大分県北東部、東国東(ひがしくにさき)郡にあった旧町名(安岐町(まち))。現在は国東市の南部にあたる地域。旧安岐町は1897年(明治30)町制施行。1954年(昭和29)西安岐町と西武蔵(にしむさし)、朝来(あさく)、南安岐の3村、および奈狩江(なかえ)村の一部と合併。2006年(平成18)国見(くにみ)、国東、武蔵の3町と合併して市制施行、国東市となった。旧町名は古代の安岐郷(ごう)による。国道213号が通じ、大分空港道路の安岐インターチェンジがある。北隣りの武蔵町地区にかけての海岸に大分空港がある。国東半島の南東部を占め、大部分が山地または丘陵地で、安岐川放射谷では米麦、七島藺(しちとうい)(イグサ)、放射山稜(さんりょう)などではシイタケ、ミカンを産する。古寺、両子(ふたご)寺のほか、三浦梅園(ばいえん)旧宅(国指定史跡)、朝来の宝塔(国指定重要文化財)などがあり、諸田山(もろたやま)神社のお田植祭りは150余年の伝統をもつ。[兼子俊一]
『『安岐町史』(1967・安岐町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安岐の関連キーワード安岐〈町〉国東〈町〉大分県国東市国東町岩戸寺大分県国東市国東町北江大分県国東市国東町浜大分県国東市国東町浜崎大分県国東市国東町原大分県国東市国東町東堅来大分県国東市国東町横手武蔵〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安岐の関連情報