国見(読み)くにみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎県南東部,雲仙市北部の旧町域。島原半島の北部にあり,有明海に臨む。 1956年多比良町と土黒村が合体して国見町発足。 1957年神代村を編入。 2005年瑞穂町,吾妻町,愛野町,千々石町,小浜町,南串山町と合体して雲仙市となる。雲仙岳北斜面の扇状地とそこを貫流する三つの小河川流域が主要な生活基盤である。各流域は独自の生活圏を形成し,江戸時代,多比良と土黒 (ひじくろ) は島原藩に,神代 (こうじろ) は肥前藩 (鍋島藩) に属していたこともあって,ことばのアクセントや風習に若干の相違がある。神代は純農業,土黒は半農半漁,多比良は農業,漁業,商業を主とする。農業では米作が行なわれるほか,ジャガイモ,イチゴなどが栽培される。漁業ではノリの養殖が行なわれる。土黒川流域のオキチモズク発生地は国の天然記念物。神代には鍋島氏の鍋島陣屋跡を中心とした神代小路 (こうじろくうじ。国の重要伝統的建造物群保存地区) や鶴亀城跡,百花台など古代遺跡が多い。標高約 1000mの奥雲仙田代原高原は景勝地で,雲仙天草国立公園に属する。
大分県北東部,国東市北部の旧町域。国東半島北部にある。 1955年伊美町と熊毛村が合体して国見町が発足。 1960年竹田津町と合体。 2006年国東町,武蔵町,安岐町と合体して国東市となる。中心集落の竹田津は半島北部の中心地で,山口県徳山市との間にフェリーが通じる。伊美は伊美川の谷口集落で,姫島と結ぶ連絡港がある。両子山から発する放射状の河川によってつくられた沖積平野では米を,山地ではミカンを産する。鬼塚古墳 (国の史跡) ,伊美別宮社の国東塔 (石造宝塔) ,千灯石仏などがある。南部山地は瀬戸内海国立公園,その周辺と北部海岸は国東半島県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

天皇や地方の長(おさ)が高い所に登って、国の地勢、景色や人民の生活状態を望み見ること。もと春の農耕儀礼で、1年の農事を始めるにあたって農耕に適した地を探し、秋の豊穣を予祝したもの。
「天の香具山登り立ち―をすれば」〈・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

日本古代の文献に〈廻望国状〉〈望国〉などとも言う共同体的な集団儀礼。〈見る〉行為はいわば離れて所有することであり,その演劇空間的な緊張関係が生命力をゆたかにするという,タマフリ信仰に立つ。もと,民間で春の初め族長を中心に高所に登り遠くを望んで農耕の場を求め,クニタマを予祝してゆたかさをねがい,共同の飲食歌舞や性的解放などの遊びをも含めて歌垣(うたがき)ともかかわっていたらしいが,やがて,中国帝王の巡行郊祀(こうし)などの支配観念にも刺激されてか,王権儀礼的に政治化された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 大王や地方の首長が高い所から国の地勢や人民の生活状態などを望み見ること。国を支配する者の支配の象徴的行為。国司・大名の鷹狩りなども同一の目的で行なわれたもので、「見る」すなわち「調べる」の意がしだいに具体化し、江戸時代には国の巡見をさすようになった。
※播磨風土記(715頃)揖保「品太(ほむた)の天皇、此の阜(をか)に登りて覧国(くにみ)をしたまひき」
② 一般に、高い所に登ってその土地を眺めること。
※草根集(1473頃)一〇「村眺望 打出て国見をすれば大和路や里もむら山幾重ともなし」
[補注]本来は、春の農耕予祝儀礼としての土地ぼめ、国土讚美であったが、のちには儀礼的意味が薄れ、一般の人の行楽にかわっていった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国見の関連情報