コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国東 くにさき

4件 の用語解説(国東の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国東
くにさき

大分県北東部,国東市東部の旧町域。国東半島東部にある。1894年町制施行。1954年来浦町,富来町の 2町および上国崎村,豊崎村の 2村と合体。同年旭日村の一部を編入。2006年国見町,武蔵町,安岐町と合体して国東市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くにさき【国東】

大分県国東半島東半を占める市。丘陵地が多く柑橘類の栽培が盛ん。電子機器の工場も多く進出している。南部の埋め立て地大分空港がある。平成18年(2006)3月に国見町・国東町・武蔵町・安岐(あき)町が合併して成立。人口3.2万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くにさき【国東】

大分県北東部、国東半島の東部にある市。野菜・果樹栽培が盛ん。高度技術産業を中心とした工場が立地。大分空港がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国東
くにさき

大分県北東部、東(ひがし)国東郡にあった旧町名(国東町(まち))。現在は国東市の中央部東寄りにあたる地域。1894年(明治27)国崎村が町制施行して国東町と改称。1901年小原(おばら)村、1954年(昭和29)富来(とみく)、来浦(くのうら)の2町および上国崎(かみくにさき)村、豊崎(とよさき)村、旭日(あさひ)村(一部)と合併。2006年(平成18)国見(くにみ)、武蔵(むさし)、安岐(あき)の3町と合併して市制施行、国東市となった。旧町名は古代の郷名(ごうめい)による。海岸に国道213号が通じる。開析火山の国東半島東部放射谷底の米・タバコ作、放射山稜(さんりょう)やこれに続く段丘のミカン栽培が主産業。平安時代から鎌倉時代に六郷満山(ろくごうまんざん)の文化の中心として栄えた町で、1394年(応永1)建立の泉福(せんぷく)寺開山(かいざん)堂、岩戸(いわとう)寺や鳴(なる)の長木家(ちょうぎけ)の国東塔は国指定重要文化財。文殊仙(もんじゅせん)寺は奇岩と大樹の茂みの中の古寺。黒津崎(くろつざき)海岸には国民休養地、いこいの村国東がある。[兼子俊一]
『『国東町史』(1973・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国東の関連キーワード国東半島国見ユースホステル国東〈町〉大分県国東市国東町岩戸寺大分県国東市国東町北江大分県国東市国東町綱井大分県国東市国東町浜大分県国東市国東町浜崎大分県国東市国東町原大分県国東市国東町深江大分県国東市国東町横手

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国東の関連情報