竺可楨(読み)じくかてい(英語表記)Zhú Kě zhēn

世界大百科事典 第2版の解説

じくかてい【竺可楨 Zhú Kě zhēn】

1890‐1974
中国,現代の科学者。浙江省上虞に生まれ,はじめ土木工学を学んだが,1910年にアメリカに留学し,イリノイ大学で農業,ハーバード大学気象学を学び,18年に帰国した。武昌南京教職に就いたあと,28年には中央研究院に招かれ,気象研究所を主宰するとともに,全国にわたる気象観測の施設を整備した。36年に浙江大学長となり,戦時中もこの大学の維持運営に努力した。49年10月に人民共和国が成立するや,北京に赴いて中国科学院副院長となり,学界指導者の一人となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竺可
じくかてい / チューコーチェン
(1890―1974)

中国の気象・地理学者、教育家。浙江(せっこう/チョーチヤン)省紹興(しょうこう/シャオシン)に生まれ、南京(ナンキン)大学を卒業。アメリカに留学してイリノイ、ハーバード大学で気象学、地理学を学んだ。1918年から武昌(ぶしょう)高等師範学校、南京の東南大学、浙江大学などの教授を歴任、1926年国立中央研究院気象研究所所長。1936年浙江大学学長。1950年中国科学院初代副院長の職につき学術行政に貢献した。全国人民代表大会常務委員でもあった。中国地理学会会長、中国気象学会会長も務めた。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android