コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原恭雲 かさはら きょううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原恭雲 かさはら-きょううん

1754-1831 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦4年生まれ。江戸神田の躋寿(せいじゅ)館の多紀藍渓,多紀元簡(もとやす)に師事し,のち同館の講師となる。小野蘭山にまなんだ本草学を医療に応用。明和(1764-72)のころ出羽(でわ)久保田藩の侍医となり,文化7年郷里の土佐へかえった。天保(てんぽう)2年3月15日死去。78歳。本姓は中根。名は正恒。通称は雲仙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

笠原恭雲の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争渓百年トラップオーガスタ竹沢弥七

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android