笠戸湾(読み)かさどわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠戸湾
かさどわん

別称下松湾,笠戸浦。山口県南東部,周防灘にある湾。下松市笠戸島と周南市大島半島に囲まれた湾入。下松港および臨海工業地区がある。 1977年工業用地として埋め立てが完成。 1970年に竣工した笠戸大橋笠戸島は本土と陸続きとなった。湾岸の一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠戸湾
かさどわん

山口県南東部、瀬戸内海沿岸の周南(しゅうなん)市大島半島と下松(くだまつ)市笠戸島に囲まれた袋状の良湾。水深は10~20メートル、水域約30平方キロメートル。北岸は下松市街地と車両、鉄鋼、石油の重工業地帯をなし、徳山下松港として国際拠点港湾になっている。笠戸島や大島半島を含む湾一帯は風光に優れ、瀬戸内海国立公園の一部となり、周南都市近郊の行楽地として知られる。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠戸湾の関連情報