コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠碁

3件 の用語解説(笠碁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

笠碁

古典落語の演目のひとつ。八代目三笑亭可楽が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、旦那。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かさご【笠碁】

落語。原話は《露がはなし》(1691∥元禄4)所収の〈この碁は手みせ禁〉。勝負のことからけんか別れした碁敵同士が,雨が2日も降るとどちらも退屈でたまらず,傘がないために菅笠をかぶって出かけた男が,相手の家の前を行きつ戻りつしたあげくに呼びとめられて勝負になると,笠をとるのも忘れて熱中し,盤に雨のしずくが落ちる。相手が見て,〈あ,いけねえなあ,かぶり笠を取んねえ〉。落ちはとたん落ち。【興津 要

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠碁
かさご

落語。碁敵(ごがたき)同士が、ののしり合って、けんか別れになる。雨が降り続くある日、相手が懐かしくて、唐傘(からかさ)がないので被(かぶ)り笠をかぶって出かける。相手のほうも呼び入れたいが、てれくさくて行き過ぎるのを見送る。やがて中から声をかけたのがきっかけとなり、上がり込んで夢中で碁を打つうちに碁盤に雨の滴が落ちるので、「いくら拭(ふ)いても後から垂れて……おい、いけねえなぁ、かぶり笠を取んなよ」。この咄(はなし)の原話は露(つゆ)の五郎兵衛著『露がはなし』(1691)所収の「この碁は手みせ禁」で、上方(かみがた)系のものだったが、東京では3代目柳家小さんの演出が傑出し、また2代目三遊亭小円朝の型もある。目の動きなどを見せながら聴かせる特異な話芸である。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠碁の関連キーワード原話再進ちゃと話が弾む冷え物夜つ尿九分十分小咄本せご・す露の五郎兵衛(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠碁の関連情報