第3審(読み)だいさんしん(英語表記)die dritte Instanz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第3審
だいさんしん
die dritte Instanz

訴訟事件の審理を行う第3番目の裁判所の審級。日本は三審制度を採用しているので,第3審が最終の審級となり,通常,上告審,再抗告審 (→抗告 ) がこれにあたる。ただし,例外として民事訴訟について高等裁判所が第3審となる場合に,特別上告があると最高裁判所が第4審となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第3審の関連情報