コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第6回汎アフリカ会議 だいろっかいはんアフリカかいぎSixth Pan-African Congress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第6回汎アフリカ会議
だいろっかいはんアフリカかいぎ
Sixth Pan-African Congress

1974年6月ダルエスサラームでタンザニアの J.ニエレレ大統領が主催した会議。汎アフリカ会議と銘打った会議は 45年 10月のマンチェスター会議 (第5回汎アフリカ会議) 以後とだえていたが,ニエレレは 29年ぶりにこれを復活し,アフリカ大陸で最初の汎アフリカ会議を開催。同会議にはアフリカ,アメリカ,カリブ海諸国,ヨーロッパの 36ヵ国から合計約 500人の代表が参加し,ニエレレの開会演説ののち,植民地主義,特に南アフリカ,ローデシア,ポルトガル支配地域の植民地主義に対する闘争,アフリカにおける国際的帝国主義に対する闘争,アメリカ,ヨーロッパにおける黒人少数者の闘争に対しての積極的支援などの問題について討議を行なった。同会議の意義は,マンチェスター会議以後アフリカ民族主義者だけによって,もっぱらアフリカ大陸内部で展開されてきた汎アフリカ主義運動に再び外部世界のアフリカ系人を参加させた点にあるが,それとは裏腹に,ギニアの S.トーレ大統領が録音演説を行なった以外アフリカ独立国首脳がまったく参加せず,きわめて冷淡な反応しか示さなかったことも注目をひいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第6回汎アフリカ会議の関連キーワード神代辰巳藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司ゲンシャー小川国夫北川透河野典生コッポラ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android