コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニエレレ ニエレレ Nyerere, Julius (Kambarage)

6件 の用語解説(ニエレレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニエレレ
ニエレレ
Nyerere, Julius (Kambarage)

[生]1922.3. タンガニーカ,ブティアマ
[没]1999.10.14. イギリスロンドン
タンザニアの政治家。マケレレ大学 (ウガンダ) で教員資格をとり,ミッション・スクールで教職についたのち,1949年にエディンバラ大学に留学。 52年に帰国して政治活動に入った。 54年7月タンガニーカ・アフリカ民族同盟 TANUを結成,党首となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニエレレ(Julius Kambarage Nyerere)

[1922~1999]タンザニアの政治家。独立運動を指導し、1961年の独立とともに首相、次いで共和国の初代大統領に就任。独自の社会主義路線を推進。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニエレレ

タンザニアの政治家。教員から政治家に転身し,1953年タンガニーカ・アフリカ民族同盟(TANU)党首。1961年の独立で初代首相,翌年初代大統領。1967年〈アルーシャ宣言〉を採択,ウジャマー社会主義を推進した(アフリカ的社会主義)ムワリム(先生)と親しまれたが,1985年大統領を辞任。
→関連項目タンザニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニエレレ【Julius Kambarage Nyerere】

1922‐1999
東アフリカ,タンザニアの初代大統領。タンガニーカ西部の小村ブティアマで,ザナキ族の首長の息子として生まれた。タボラ高等学校を経て,1943‐45年ウガンダのマケレレ大学に在学,教育学の免状を得た。卒業後タンガニーカに戻り,カトリックミッション系高校で教えた後,49年イギリスに留学,エジンバラ大学より文学修士号を得て52年帰国した。53年タンガニーカ・アフリカ人協会の会長となり,翌年7月,最初の政党タンガニーカ・アフリカ人民族同盟(TANU)を創設して党首となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ニエレレ【Julius Kambarage Nyerere】

1922~1999) タンザニアの政治家。独立運動を指導し初代大統領となる。伝統的な互助組織を生かした社会主義化を推進。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニエレレ
にえれれ
Julius Kambarage Nyerere
(1922―1999)

タンザニアの政治家。初代大統領。北西部のムソマ県に生まれる。1945年ウガンダのマケレレ大学教育学部卒業後、タボラのカトリック系高校で教職につく。1949年エジンバラ大学留学。1952年帰国、再度、ダルエス・サラームで教職につく。1954年タンガニーカ・アフリカ人民族同盟(TANU。現タンザニア革命党CCM)結成、書記長となる。1958~1960年立法審議会議員となり、1961年独立とともに首相就任。翌1962年共和国へ移行と同時に大統領になる。1964年ザンジバルとの合併でタンザニア連合共和国誕生とともに大統領。1967年2月「アルーシャ宣言」を発表し、アフリカ社会主義路線を明確化し、農村の社会主義化を目標とするウジャマー社会主義を推進(ウジャマーはスワヒリ語で家族や友愛の意)。1985年大統領をムウィニAli Hassan Mwinyi(1925― )に譲り引退。引退後、開発途上国の意見を代表する「南委員会」議長やブルンジ内戦の和平交渉の仲介役など、国際舞台で活躍。1987年CCM議長に3選。タンザニア政治を批判し介入した。1999年病没。著書に『解放と統一』(1969)、『解放と社会主義』(1969)、『解放と開発』(1973)がある。[林 晃史]
『日本国際政治学会編・刊『第三世界政治家研究』(1977) ▽山口圭介著『ナショナリズムと現代』(1987・九州大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニエレレの言及

【タンザニア】より

…タンザニアの諸部族は,ハ,フィパ,ヘヘなどを除いては中央集権的な政治組織をもたなかった。ニエレレ初代大統領も小部族のザナキ出身であり,特定の部族が支配的地位を保つことなく,むしろ国家建設のため部族意識を捨てることを目ざしている。 言語政策においてもスワヒリ語を国語として定め,初等学校教育はもちろん,議会や裁判所などの公的機関や,ラジオ放送,商店の看板標示まで,すべてスワヒリ語が用いられており,現在は科学技術用語などの画定作業を急いでいる。…

※「ニエレレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニエレレの関連キーワードアルーシャEACカウンダザンジバルタンガニーカタンザニアタンザン鉄道東アフリカ共同体アフリカ舞舞タンザナイト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニエレレの関連情報