コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹屋騏六 ささや きろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹屋騏六 ささや-きろく

1736-1810 江戸時代中期-後期の俳人。
元文元年6月4日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の酒造家加藤暁台(きょうたい)の門下。松尾芭蕉らの七吟歌仙の巻に暁台社中の歌仙をくわえた「秋の日」連衆のひとり。寛政2年花の本宗匠をゆるされた。文化7年8月22日死去。75歳。姓は竹田,のち武田。名は載絽。通称は長兵衛。別号に福田舎,灌園。編著に「ふくさかひ」「わらづと」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

笹屋騏六 (ささやきろく)

生年月日:1736年6月4日
江戸時代中期;後期の俳人
1810年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

笹屋騏六の関連キーワード生年月日後期騏六俳人

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android