コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文章軌範 ぶんしょうきはんWen-zhang gui-fan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文章軌範
ぶんしょうきはん
Wen-zhang gui-fan

中国の散文選集。南宋末の謝枋得 (しゃぼうとく) の編。7巻。科挙受験のための作文参考書として編まれた書で,模範とすべき古今の散文 69編を収める。諸葛亮 (しょかつりょう) の『前出師表』と陶潜の『帰去来辞』の2編のほかは,すべて韓愈柳宗元欧陽修蘇軾 (そしょく) など唐,古文作家の文章が選ばれている。俗書ではあるが,選択が要を得ているのと,編者が宋に殉じた忠義の士であることから,元,明代に大いに流行し,王陽明が序を書いたほどであった。しかし清代以後はほとんど読まれなくなった。日本には室町時代に渡来し,江戸時代には江戸昌平坂学問所などから和刻本も多く出され,『古文真宝』をしのいで漢文の教科書として広く用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんしょうきはん〔ブンシヤウキハン〕【文章軌範】

中国の文章集。7巻。宋の謝枋得(しゃぼうとく)撰。科挙の受験者のために、模範とすべき文章の傑作を編集したもので、韓愈柳宗元欧陽脩蘇軾など唐宋の作家の文を中心に69編を集めたもの。日本にも室町末期に伝来し、江戸時代に広く読まれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしょうきはん【文章軌範 Wén zhāng guǐ fàn】

中国で,科挙受験者のため編集された模範文集。7巻。軌範とは手本・法則の意味。宋末の忠臣謝枋得(しやほうとく)の編。蜀漢の諸葛亮(しよかつりよう)の《出師表(すいしのひよう)》と晋の陶潜(淵明)の《帰去来兮辞(ききよらいのじ)》以外はすべて唐・宋人の文章から成り,韓愈31編,柳宗元5編,蘇軾(そしよく)12編,欧陽修5編,蘇洵4編などが多いほうである。全体を放胆文(1,2巻)と小心文(3巻以下)とに大別する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんしょうきはん【文章軌範】

文集。七巻。南宋の謝枋得しやぼうとく編。成立年代未詳。科挙の作文の模範文例として唐宋の古文家の文を中心に一五家六九編を集録。日本には室町時代に伝来し、江戸時代には「唐宋八家文読本」とともに漢文学習の基本教科書となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文章軌範
ぶんしょうきはん

中国、宋(そう)代の散文選集。七巻。謝枋得(しゃぼうとく)編。唐宋の古文を中心に文章の模範となる作品69編を選んだもの。選ばれた作品は、15作家のうち唐の韓愈(かんゆ)が32編ともっとも多く、ついで宋の蘇軾(そしょく)の12編、唐の柳宗元(りゅうそうげん)と宋の欧陽修(おうようしゅう)の各五編がこれに次いでいる。この書は、努力しだいで高位高官になれる意の「侯王将相有種乎(こうおうしょうしょうしゅあらんや)」の七字を、七巻に一字ずつあてて、侯字集・王字集などと命名しているように、官吏任用試験(科挙)の受験参考書としてつくられたものである。したがって、第一巻から順次に勉強すれば、しだいに高級な文章技術を会得できるように組み立てられている。科挙のないわが国では、江戸時代に作文の教科書あるいは文章の傑作集として広く読まれた。[横山伊勢雄]
『『漢文大系18 文章軌範・古詩賞析』(1976・冨山房) ▽前野直彬著『新釈漢文大系17・18 文章軌範 上下』(1961、62・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文章軌範の関連キーワード巧遅は拙速に如かず唐宋八家文読本岡田呉陽久保侈堂筌蹄集録

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android