コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋湯[温泉] すじゆ

2件 の用語解説(筋湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

筋湯[温泉]【すじゆ】

大分県玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町,玖珠川上流にある温泉。九重温泉郷の一つで阿蘇くじゅう国立公園に属する。単純泉。58〜63℃。湯量が豊富で,湯滝による打たせの療法は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すじゆ【筋湯[温泉]】

大分県西部,玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町にある温泉。九重(くじゆう)山北部の飯田(はんだ)高原を流れる湯坪川の源流の谷に湧く。泉質は単純泉,食塩泉,泉温は60~100℃である。湧出量は毎分1147lで,九重温泉群中,最も多い。筋の痛みに効くというのでこの名がある。中心の大湯に十数条の滝湯を落として肩を打たせる〈うたせ〉があることから,別名を白滝温泉という。古くから北九州,福岡方面からの湯治客が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筋湯[温泉]の関連キーワード九重山筑後川飯田高原八鹿九重九重ね外の重九重桜童話の里くす長野小六

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone