コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋湯[温泉] すじゆ

世界大百科事典 第2版の解説

すじゆ【筋湯[温泉]】

大分県西部,玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町にある温泉。九重(くじゆう)山北部の飯田(はんだ)高原を流れる湯坪川の源流の谷に湧く。泉質は単純泉,食塩泉泉温は60~100℃である。湧出量は毎分1147lで,九重温泉群中,最も多い。筋の痛みに効くというのでこの名がある。中心の大湯に十数条の滝湯を落として肩を打たせる〈うたせ〉があることから,別名を白滝温泉という。古くから北九州,福岡方面からの湯治客が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android