コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こと

日本文化いろは事典の解説

中国(唐)より雅楽の演奏用として、伝来した13弦の弦楽器。現在では、「おこと」と呼ばれ、お正月にはテレビなどからその音色をよく耳にします。 繊細な美しい音色を特徴とし、比較的演奏しやすい楽器です。 もともとは貴族階級の楽器でしたが、江戸時代からは武家・裕福な市民階級にまで広まり好まれました。 現在、最も一般に普及している邦楽器と言えます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

筝の関連キーワード諸田賢順(1534~1623)ソフィア グバイドゥーリナ山勢 松韻(3代目)野坂操寿(2代)山勢松韻(3代)山登検校(初代)鈴木 嘉代子中能島 松声下山田ひろの筑紫 歌都子中能島 欣一朱絃舎 浜子国吉 シゲ菊塚 与市岸本 芳秀宮城 道雄藤田 都志浜田 弥生幸地 ナヘ菊原 初子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筝の関連情報