コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こと

日本文化いろは事典の解説

中国(唐)より雅楽の演奏用として、伝来した13弦の弦楽器。現在では、「おこと」と呼ばれ、お正月にはテレビなどからその音色をよく耳にします。 繊細な美しい音色を特徴とし、比較的演奏しやすい楽器です。 もともとは貴族階級の楽器でしたが、江戸時代からは武家・裕福な市民階級にまで広まり好まれました。 現在、最も一般に普及している邦楽器と言えます。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

筝の関連情報