コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箸尾為量 はしお ためかず

2件 の用語解説(箸尾為量の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箸尾為量 はしお-ためかず

?-1439 室町時代の武将。
大和(奈良県)箸尾郷を本拠とする国人。永享元年(1429)越智(おち),豊田らの国人とむすび,筒井氏を攻撃。3年箸尾城はやけおちるが,翌年には筒井氏を追いつめた。11年間にわたって紛争をつづけた(大和永享の乱)が,幕府軍に鎮圧され,永享11年4月11日殺された。通称は次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

箸尾為量

没年:永享11.4.11(1439.5.23)
生年:生年不詳
室町時代の武将。応永13(1406)年の記録にみえる箸尾為妙の子か一族と推定される。通称次郎。左衛門尉。箸尾氏は大和広瀬郡箸尾郷を本貫とする国人で,その本拠箸尾城は現在の奈良県広陵町大字的場,萱野,弁財天付近。先祖は藤原氏というが明らかでなく,文永8(1271)年の『西大寺田園目録』にみえるのが初見である。永享1(1429)年6月,国人井戸某が僧頓称坊を殺害した事件を契機に頓称の主筋である豊田,箸尾,越智らの国人は井戸の主人筒井氏を攻撃,以後約11年にわたる紛争に発展する(大和永享の乱)。永享3年8月,筒井順永が当時平田荘荘官であった為量を攻撃すると逆に筒井氏の館を包囲,翌年9月には竜田社を焼き,10月には奈良の町に乱入した。以後も鎮圧に赴いた幕府軍を相手に善戦し,将軍の弟足利義昭を戴いて幕府を震撼させたが,焦土作戦をとる幕府軍に追い詰められ,吉野に潜伏中,発見されて斬られた。<参考文献>秋山日出雄「新検出の『大和箸尾氏系図』」(『神戸女子大学紀要』11号)

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箸尾為量の関連キーワード阿蘇惟村蘆名盛久義承公承詫磨親家武田信春土岐持益波多野通郷益田兼世遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone