節分草(読み)せつぶんそう

精選版 日本国語大辞典「節分草」の解説

せつぶん‐そう ‥サウ【節分草】

〘名〙 キンポウゲ科の多年草。本州中部の山地の樹陰に生える。高さ八~一四センチメートル。地下に球状の塊茎がある。葉は長柄をもち根生して三深裂し、倒裂片はさらに二深裂し線形。総苞葉は不規則な羽状に分裂し茎頂に輪生する。春、総苞葉の中心に長さ約一センチメートルの花柄のある白い小花を一個つける。片は五個で、大きく花弁状となり、黄色の花弁は小型で、淡紫色の雄ずいをとりかこむ。漢名に菟葵をあてるが誤用。《・春》 〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「節分草」の解説

せつぶん‐そう〔‐サウ〕【節分草】

キンポウゲ科の多年草。山の日陰地に生え、高さ8~15センチ。茎の先に細かく裂けた葉がつき、早春、その中心に、がくが花弁状の白い花を1個開く。関東地方以西に分布し、石灰岩地によく生える。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「節分草」の解説

節分草 (セツブンソウ)

学名Eranthis pinnatifida
植物。キンポウゲ科の多年草,園芸植物

節分草 (セツブンソウ)

植物。一輪草の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android