一輪草(読み)イチリンソウ

デジタル大辞泉の解説

いちりん‐そう〔‐サウ〕【一輪草】

キンポウゲ科の多年草。山裾の草地に生え、高さ20~25センチ。葉は複葉で、小葉は羽状に深く裂けている。4月ごろ、花びら状の白い萼(がく)をもつ花を1個開く。一花草(いちげそう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちりんそう【一輪草】

キンポウゲ科の多年草。高さ20~30センチメートル。花柄の基部に羽状に深裂した有柄の包葉が三個輪生する。春、茎の先に白い花を一つつける。花弁はなく、花弁状の萼片がくへんは、外側に淡紅色を帯びるものもある。イチゲソウ。ウラベニイチゲ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一輪草の関連情報