コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節物 セツブツ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐ぶつ【節物】

その季節季節の物。時節の景物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せつぶつ【節物】

四季折々のもの。その時節のもの。 「卯花…郭公ほととぎすと云ふは、皆夏の-である/伊沢蘭軒 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の節物の言及

【際物師】より

…際物を販売する商人。際物は節物(せつもつ)のことで時節時節のものをいう。日限があり,その時に売らなければ廃物となってしまい,あるいは来年のその時を待たなければ買手がないという品物である。…

【フシ(節)】より

…この場合は,作曲されていないコトバに対する。また声楽旋律としても,とくに美しく作曲されている旋律をフシということがあり,平曲ではそのような旋律を聴かせることを眼目にした演目を節物という。節物は拾イ物(ひろいもの)(拾イ)に対する。…

【平曲】より

…伝授をうける前に精進が必要とされ,神聖視されているのが〈灌頂巻〉で,《大原御幸(おはらごこう)》《六道》など5曲,〈大秘事〉〈小秘事〉は容易には伝授を許されない曲で,〈大秘事〉に《宗論(しゆうろん)》《剣の巻》《鏡の巻》など,〈小秘事〉に《祇園精舎》《延喜聖代》などがある。 音楽的性格からみると,抒情的・旋律的な〈節物(ふしもの)〉(賦し物)と,勇壮でテンポの速い〈拾(ひろ)イ物〉に分類されるが,両方の性格を合わせもつものもある。また〈読物〉は独特のフシまわしをもつ部分を含む。…

※「節物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

節物の関連情報