篆額(読み)てんがく

精選版 日本国語大辞典「篆額」の解説

てん‐がく【篆額】

〘名〙 石碑などの上部に篆文でいた題字
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉五「今朝書きし天の詩の、〈略〉此家の篆(テンガク)となれるなり」 〔旧唐書‐李華伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「篆額」の解説

【篆額】てんがく

篆書の題額。石碑の上額。〔旧唐書、文苑下、李華伝〕嘗(かつ)て魯山の令元秀のを爲(つく)る。顏眞書し、李陽冰篆額す。後人爭うて之れを寫し、號して四と爲す。

字通「篆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の篆額の言及

【石碑】より

…円首,圭首ともに碑身の上部中央に円孔を貫通させ,これを穿(せん)とよぶ。穿の上部に碑の表題を篆書(てんしよ)で刻り,これを篆額,題額あるいは碑額という。碑文は穿以下に隷書で刻り,ときには方格の罫を刻ったり,碑身の周囲に各種の文様を浮彫するものもある。…

※「篆額」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android